検索
  • nakoudo07

第2回 男性心理を理解しよう

男性目線だからわかる女性が結婚できるコツ


第1回は、今まで結婚しなかった(できなかった)理由を深く掘りげ下ておこうということでした。


第2回の今回は、結婚するには、男性の心理を理解しましょうというお話です。


今まで男性の方とお付合いしたときや、

一緒に仕事をしてお話するときに、


「えっつ、何でこんなことするの?」

「何でこんなこと言うの?」

と思ったことが何度かあると思います。


女性どうしで話すときとは違って、

なんとなく違和感を感じませんか?


そうなんです。


男性と女性とは考え方が違うので、

行動と会話に違いが出てくるのです。



男性の考え方を理解していると、

交際しやすいと思います。


おおざっぱに言うと、


・男は話を聞いてくれない

・男は察するのが苦手

・男は単純、おだてたり、あなたが喜んでくれれば張り切る

・男は女性とSEXするのがゴールと思っている

・男はプライドと世間体を気にする


こんなところになるでしょうか?


ちょっと理屈っぽくなるかもしれませんが付き合ってくださいね。

解説をしていきましょう。




〈男は話を聞いてくれない〉


ただ単に話を聞いてほしい時に、

男性に自分の悩みを話すと、

「余計なおせっかいで説教された」

と感じたことはありませんか?


男の立場から言わせると、

「親切に解決策を示しているのに」

と思ってしまうのです。


女性のほうは

ただ単に愚痴を聞いてほしくて、

話してスッキリしたいだけなのに

と思っていますから、

男性の考え方とは大きなギャップがあります。


女性は、会話に共感を求め、

「おしゃべり」そのものに価値を求めますが、

男性は、「結論」を導くために会話をします。

結論の出ない会話はムダだと思うので、

無口になってしまうのです。



〈男は察するのが苦手〉


お世話している女性からよく相談受けるのが、

「彼は私のやりたいことを察してくれないんです。

彼は私に関心がないんでしょうか?」


こういう相談が多いのです。


わかります。


いちいち言わなくても、

私の考えていることを察してくれて、

気を聞かせて先回りして行動してくれる人って、

ステキですよね。


これができない相手には、

イライラしちゃいますよね。



でもね、男はこれができないんです。


女子どうしの友達なら、

普段から頻繁におしゃべりしているので、

相手の表情や会話のトーンから、

「だいたいこんなふうに考えているのかな?」

と相手の心境を察することができます。


しかし、男性は、

「結論が出ない会話はムダ」と思っていますので、

会話の中から心境を察するなんてことはできません。


ですから、やってほしいことは、

ストレートにお相手に伝えてください。


例えば、

デートでハイヒールを履いていて長い距離を歩きたくない場合は、

「ごめん、今日は頑張っておしゃれしてきてハイヒールを履いてきたの。

だから、あんまり長い距離は無理だし、ゆっくり歩いてね」

と、はっきりと、しかし優しくお願いすれば大丈夫です。



〈男は単純、おだてたり、あなたが喜んでくれれば張り切る〉


男は、女性と違って単純です。

おだてたり、あなたが喜んでくれれば張り切るのです。


「この人に頑張ってもらいたい」と思ったら、

「もっと稼ぎなさいよ~!」と言うのではなく、


「この前、すてきなところに連れて行ってくれてありがとう。また連れて行ってね」とか、


「もっとカッコよくなってほしいな」と思ったら、

「すご~い、この前より、全然カッコよくなったよ。一緒に街歩いたら自慢できるよ」


こんな感じで、ほめておだててください。



〈男は女性とSEXするのがゴールと思っている〉


悲しいかな、本能的に自分のDNAをばらまく性なので、

色んな女性と交わりたいという本能的な性欲があります。


ですから、「オンナとヤれるまで」一生懸命頑張りますが、

コトを終わった途端、熱が冷めて、あなたに冷たくなってしまうことがあります。


「釣った魚に餌をやらない」状態になってしまうんですよね。


ここで女性が追いかけても男性が逃げていくだけです。



〈男はプライドと世間体を気にする〉


しかし、どんどん浮気ばかりを繰り返す男性はほんの一握りの方です。

大多数の方はちゃんと夫婦生活を送っています。


なぜか?

それは世間体を気にするからです。


この世では、強い権力を持った上司や、その集合体ともいうべき「世間」から攻撃を受ければ生きていけません。

そんなことはよっぽどバカでない限りわかっています。


ですから結婚生活を長く送る上で大切なのは、

最初は彼に惚れさせて、

一緒になったら社会的な責任感で縛る

これが現実的に大事になってきます。


でも、この順番を間違えると、

男性は、「重い」と感じてしまって、

あなたのもとを去っていっちゃいますよね。




今回のレポートを読んで、男性に幻滅した方もいるかもしれません。


ただ、この「男の本音」を知っておくことによって、

つきあいが長くなったときに、


「こんなはずじゃなかったのに。。。」


という落胆が少なくなると思います。




第3回は、「男性へのトラウマをなくす」というテーマでお送りします。お楽しみに。

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

【交際経験ゼロからの婚活】

第1回 自分に自信を持とう 単刀直入に聞きます あなたは、自分に自信がありますか? 私は、37歳まで、まったく自信がありませんでした。 仕事はそれなりに頑張ってやってきて、 そこそこ成果を出していましたが、 対女性関係はどうかというと、 まったく自信がありませんでした。 それもそのはず、女性とまともに交際したことがなかったからです。 それまでの私は、いわゆる「素人童貞」でした。 要するに、肉体関係